ニキビケアで大切なことは洗顔から。 毛穴の汚れや皮脂汚れを落とし十分に保湿することも重要です。 最近人気の泥石けんは汚れをよく落としてくれるのですが、粒子が目に入ると傷つけることもあります。 最近よく聞く無添加石鹸とはどんなものでしょうか?添加物が入っておらず肌に優しいものです。 と言っても、全く入っていないのではなく、それぞれのメーカーにより違います。 多くの石鹸は石油系の洗浄成分から作られています。 泡立ちや香りが良い物が多いですが、だからといって肌にも良いという訳ではありません。 無添加石けんと、普通の石けんの違いはどこにあるのでしょうか?無添加のものは自然の成分を使って作られています。 通常の石鹸は石油由来の成分が配合されていたりします。 石油系の成分は一度に大量生産でき、コストが安く安定供給もできるのですが、肌トラブルの原因になることもあります。 それとは対照的に無添加ですと自然派の成分を使うため製造原価はかかりますが肌に優しくできています。 無添加石鹸はその配合成分から、肌の弱い方やアトピーの方に向いている肌に優しい石鹸です。 石鹸にも良いものから悪いものまで色々です。 洗浄力が強く、保湿力が弱い石けんの場合は、敏感肌の方はヒリヒリするかもしれません。 一言で石鹸と言っても様々な用途の石鹸があります。 美白に良いもの、美肌に良い石けん等、豊富な種類のものが存在しています。